lang="ja"> 発症1年、目前の不調。 | 脳梗塞、後遺症は左麻痺〜蒼の闘病日記

発症1年、目前の不調。

以前の投稿からすっかり間があいてしまいました、蒼です。
覚えて下さってますか??(笑)

さて、ワタクシ7月29日で発症1年を迎えるわけですが、とにかく「X-DAY」を前にして不調この上ない感じでゴザイマス。
今回のエントリーでは不調の原因などについて自分なりに考察・検証してみた内容について書き綴りたいと思います。

■きっかけはいつも雨。ではなくて大雨。
それまでに不調は感じていたのですが、大きなきっかけとなったのが「西日本豪雨」でした。私は京都在住、かつ桂川の流域に住んでいるので、こういう大雨になるとエリアメールが鳴りまくるんですよね。以前のエントリーにも書いたように、災害級の何かが発生すると、嫌が応にも「障がい者」である私自身が弱者であることを再確認させられます。さらにエリアメールの音で眠れない日々が続く…ここから転げるように心身の不調が悪化していったのでした。

■不眠からの~、酷暑による引きこもり。
不眠になるとですね、インターネットでネガティブな情報みてみたり、そこから逃げるためにゲームしてみたり、不調を上向けるのには真逆のことを知らず知らずのうちにやっちゃうんです。
さらに外は酷暑!そりゃあ、引きこもりますよねえ。さらに車を運転するのも億劫に。
引きこもりにより、ネットによる自分だけの世界(ツイートのやりとりしてる間はまだまし)に閉じこもったり、昼夜逆転したり。そりゃあ調子も悪くなりますって。

■食事への執着がなくなる。
最近ずーーっと一日一食食べれば良い方でした。
Twitterにハレの日の食事を上げる方なのですが、ハレの日の食事を撮る&アップするために食べてるようなもので(笑)
「ええもんばっかり食べてるなあ」と感じられてる方もフォロワーさんにはいらっしゃるでしょうが、誰が納豆ご飯の写真アップしたい??
楽しそうに暮してるツイートの方がみんなも楽しいやん?

■装具変更によるバランスの崩れ。
これ、まあまあ大きいです。
下肢が安定しないと上肢のバランスが崩れる、焦って装具を前のに戻しても既にバランスが崩れているので余計におかしくなる、さらに装具をかえてみても…(繰り返し)
以前、ボバース系のリハビリを受けたときに、上肢機能を改善したいとお伝えしているのに「まずは下肢からやで、どっちが欠けてもあかんからな」と言われたのがよくわかる、負のスパイラルに陥ってしまいました。

■訪問担当者のお休みと代診。
大雨で2回お休みになったり、してもらったりした訪問・訪看リハですが、訪問PTさんが体調を崩され、代診になったんですよね。
肩の状態は安定してきているとはいえ、まだまだウィークポイント。
大きな声では言えませんけど、代診の方が来られているときにちょっと違和感がでてしまったんですヨ。で、もう一回来られる予定だった代診PTさんの日をお休みにしてもらったんですよね。
2週間で8回あるはずのリハビリが3回お休み、肩不調、という面倒な状況に…

まーー、こんだけ続くとさすがに調子も悪くなりますわw
そして発症した日が近づくと、また襲い来る「喪失への恐怖」。今回は不調によりマジでできなく(ビー玉もつかめなく)なったのでほんと凹みました。
軽い抑うつ状態だったんでしょうね。

この体になってからちょっとしたことでバランスを崩し、自分一人では戻せなくなることを痛感しました。復職と介護保険からの卒業、さらに専門職への相談ができなくなる、というのはかなりのプレッシャーですよね…

コメント